困ったトイレのつまりも簡単解決!おすすめサイト6選

home > トイレのつまり解消について > トイレに異物が引っかかりつまったときの対処

トイレに異物が引っかかりつまったときの対処

 トイレに異物がつまり、水があふれてしまったとき、どうすればいいのでしょう。異物と言っても、それは大量のトイレットペーパーだったり、ポケットから落ちた携帯やペンやハンカチだったり、オムツや生理用品のたぐいだったりと様々です。小さなものでも、それに水にぬれたトイレットペーパーが絡みつくと、厄介な壁となり水が溢れ出します。水ならばいいかも知れませんが、間違いなく菌などを含んだ汚水です。皆さんの迷惑になるばかりか不衛生なことになってしまいます。もし、詰まってしまったら、慌ててさらに水を流すと、もっとあふれることになります。冷静に状況を判断し、方法を選択して対処にあたりたいです。まず、簡単な方法として、バケツにくんだ水やお湯を自分の手と加減で勢いよく流すことです。

 それでも難しい場合は、まず水位を低くする作業をします。家庭用の灯油の手押しポンプを使います。水をある程度かき出してから、ラバーカップを使用します。一本千円程度の代金です。異物の壁を覆うようにゆっくりと押し込んでから、素早く引っ張ります。この動作を繰り返して、吸引力で引き出すのです。吸引力を高めた真空パイプクリーナーという道具もあります。洋式や和式で便器の形状が違うので、よく注意して道具を準備します。これで大体のものは、動かすことができ、水が流れるようになります。水ではなく、洗浄剤や重曹と酢を調合し泡を発生させたものなどを使用するとより効果が高まります。これでもかき出すことができなかった場合は、ワイヤーを使うことになります。ワイヤーは、よく排水溝の髪の毛や汚物のつまりを絡め取ったり、壁をあけたりする業者が使っていた道具です。今は、家庭用も市販されています。

 短めのワイヤーを使用し、便器に負担をかけないようにします。長いとダメージを与えたり、抜けなくなってしまうことがあるからです。便器のそばの配水管は、S字の形をしています。これは、逆流を防いだり、においがわいてこないようにする工夫です。しかし、この形状がゆえに異物が引っかかりやすくなってしまいます。ワイヤーでも結果が出せないときは、最後の手段として、プロの業者の手に委ねるしかありません。便器をはずして、管の様子をしっかり調べ対処してくれます。料金は、簡単な場合で五千円からやっかいな場合で二万円までまちまちです。一本のペンや何かの不注意から、お金も気も使う大事にならないように、日頃からトイレの使い方を慎重にしたいです。戸建てなら自己責任ですが、アパートや病院などの施設であれば、事は重大です。

次の記事へ