困ったトイレのつまりも簡単解決!おすすめサイト6選

home > トイレのつまり解消について > トイレのつまりの原因と対処方法

トイレのつまりの原因と対処方法

 トイレのつまりは、どんなことでおきるのでしょうか。トイレの配管は、便器の直ぐそばで、S字状になっています。どうしてそのような構造になっているかというと、汚物のにおいが部屋に戻ってこないようにということです。また、逆流して戻ってくることを避けるためでもあります。しかし、この部分に何かがつまると水が流れにくくなり、便器の中の水位が上がります。水位が上がったことで、普段とは違う異常を発見するのです。つまる原因となるものは、大量のトイレットペーパー、水に溶けないティッシュペーパー、オムツや生理用品、タオルやハンカチ、携帯やペンなどのポケットの中身、などなどです。細いポールペン一本くらいであればたいしたことはないと考えてしまいますが、これがトイレットペーパーと共に引っかかると、相乗効果でとても厄介な状態になれます。いつでもつまることは起きうる状態なあるわけです。

 対処方法ですが、まず水位が高ければ作業がしにくいということが言えます。ですから、流れにくかったときに、あわててさらに水を流すことは、あふれ出ることにつながるので禁物です。落ち着いて、判断し行動するようにしたいです。バケツの水で、都合の良い高さから一気に押し流して流れれば、一番簡単なことです。バリウム検査で出る白い汚物は、重みがあるのでこの方法で流すことがしばしばあります。その要領で、押し流すことになります。お湯であればさらに効果が高まります。しかし、これでも難しければ、水位を下げてからの作業となります。このとき便利なのが、家庭用の灯油を入れるときに使う吸出しポンプです。これを使ってある程度水位をさげると作業がしやすくなります。道具や手を使って、異物を取り除いたり押し込んだりします。

 洗浄剤や代用品として酢と重曹を調合したものを使用すると、異物が溶けやすくなります。その上で、一番一般的な道具のラバーカップで吸出します。価格は千円程度で、洋式用と和式用とて形状が異なります。押し込んで真空状態を作り出します。このときには、ゆっくりと作業します。そして、すばやく引き吸出します。何度か繰り返せば、たいていのものは取り除けます。このカップの威力を増幅させたものが、真空パイプクリーナーです。真空度を高め、より強力に吸い出すことができます。これでも無理であれば、ワイヤーを使います。今は家庭用の短いワイヤーも市販されています。ワイヤーを挿入して行って、つまりの壁に穴を開け、通りやすくします。どうにもできないときは、業者を呼んで便器をはずして作業するしかありません。その場合の費用は五千円から二万円ぐらいです。大切な家が菌まみれとならぬように、普段から気をつけて使用することが一番です。

次の記事へ